トップリカバリー(TOP Recovery) > ベネクストレーナーズクロス使用方法(トレーナー編)

ベネクストレーナーズクロス使用方法(トレーナー編)

新たなリカバリーエクササイズのご提供

呼吸への介入ツールとしての利用

1

リカバリーエクササイズの際にクロスを使うことでさらに肋骨の内旋を促し、横隔膜をリラックスさせていくことで、副交感神経優位な状態をサポートします。

ストレッチでの利用

ペアストレッチの際に体にかけたり、その上でセルフストレッチをすることで神経的に筋・筋膜を抑制し、リラックスした状況を作ることで回復を促すことが期待できます。

2

軟部組織のリリースとしての利用

3

IASTM (Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization)に代表される軟部組織のリリースやモビライゼーションテクニックをする際に利用することで、筋や筋膜を神経的に抑制し、リリースの効果が期待できます。

リカバリー意識の向上

移動中や試合と試合の合間、または2部練習の合間に活用することで、興奮状態で交感神経優位になった体を1度リセットするとともに、回復時間を持つと言う意識が向上し、オン・オフの切り替えが進みます。
これによってオーバートレーニング症候群を防ぎ、より効率的にコンディショニングを進めることが期待できます。

4

お問い合わせ

会員登録

卸ストア

特別コンテンツ

ベネクストレーナーズクロス使用方法(治療家編)

ベネクストレーナーズクロス使用方法(トレーナー編)

ベTOP RECOVERY会員の声 – 今井 聖晃

新着情報

Copyright c DAIKO, Inc. All Rights Reserved.

TOPに戻る