トップリカバリー(TOP Recovery) > リカバリーアカデミー > 運動×リカバリーセミナー > ピッチャーのための投球ビデオ分析とトレーニングの選び方

ピッチャーのための投球ビデオ分析とトレーニングの選び方

リカバリー×運動

2018年4月15日10時~18時

第9回リカバリーアカデミー

ピッチャーのための投球ビデオ分析とトレーニングの選び方

講師大貫崇

場所栃木県佐野市

主催:株式会社K-Conditioning&Performance、株式会社大廣、トップリカバリー

受講料

一般価格:10,000円
学生価格:8,000円

定員

40名

こちらのセミナーは終了いたしました。

内容
第1部「野球選手の育成システムとケガの予防システムについて」
第2部「投球動作の分析について:実践編」
第3部「実際にケガを予防する:実践編」
詳細内容
第1部「野球選手の育成システムとケガの予防システムについて」
高校からメジャーまでの選手育成方法とケガ予防について
高校生-Preseason Physicalについて
大学生-アスレティックトレーニングルームについて
理学療法クリニック-TMI (テキサスレンジャースのチームドクターの持つクリニック)について
Arizona Diamondbacks-Dbacksの哲学
MLBによる取り組み Pitch Smart USAについて
肩・肘が痛くなった際のスクリーニング方法
肩・肘のどこが痛いのか?
痛い場合はどのように対処すればいいのか?
痛くなくなったらどうする? 投球プログラムの作成

第2部「投球動作の分析について:実践編」
投球動作を見る際に気をつけること
三次元動作解析のデータを活用したビデオ分析法
ビデオは止めて「診る」
ケガをしにくい投球フォームとは? 原因を探る
サンプル投球動画撮影から即席投球ビデオ分析まで

第3部「実際にケガを予防する:実践編」
投球分析の結果からトレーニングを考える
ケア、肩甲骨のトレーニング
ピッチングに特化したストレングストレーニングとは?
投球と呼吸について
ピンチングのためのダイナミックウォーミングアップ
肩・肩甲骨・肘のウォーミングアップ
講師紹介

PRIジャパン教育コーディネーター、株式会社リーチ教育コーディネーター、大阪大学大学院医学系研究科スポーツ医学教室特任研究員

大貫崇

資格MS, ATC, CSCS, PES, PRT, CFSC
1980年神奈川県生まれ。桐蔭学園高校を卒業後渡米。タウソン大学運動学部アスレティックトレーニング学科を卒業後、高校でヘッドアスレティックトレーナーとして働きながら2006年にフロリダ大学大学院で応用運動生理学の修士号を取得。

その後MLBテキサスレンジャースのインターンとして働き、NBA D-Leagueのフォートワース・フライヤーズでヘッドアスレティックトレーナーとして勤務。理学療法クリニックにおいてアスレティックトレーナーとしてニューヨークやテキサスで計5年間勤務したのち、マイナーリーグアスレティックトレーナーとしてMLBアリゾナ・ダイアモンドバックスと契約。

2013年に帰国後は株式会社リーチに所属。高齢化社会において健康寿命を延ばすべくメディカルフィットネスジムでPRIを取り入れる傍ら京都に投球ビデオ解析ができるラボにて野球障害予防とコンディショニングに力を入れている。

2017年1月より大阪大学大学院医学系研究科スポーツ医学教室にて特任研究員として所属。

2015年9月よりPRIジャパン教育コーディネーター
2016年1月にPRT(Postural Restoration Trained)の
資格認定を受ける。

著書「勝者の呼吸法: 横隔膜の使い方をスーパー・アスリートと赤ちゃんに学ぼう!」
アクセス

かみもとスポーツクリニック 〒327-0821栃木県佐野市高萩町1315-8

お問い合わせ

会員登録

卸ストア

特別コンテンツ

ベネクストレーナーズクロス使用方法(治療家編)

ベネクストレーナーズクロス使用方法(トレーナー編)

ベTOP RECOVERY会員の声 – 今井 聖晃

新着情報

Copyright c DAIKO, Inc. All Rights Reserved.

TOPに戻る